葛尾コラム:55年間で1件しか交通死亡事故が発生していない葛尾村

交通死亡事故ゼロ13000日達成を掲げる看板が村の中心部にあります

交通戦争をも乗り越えて築き上げた死亡事故ゼロの記録

日本国内の交通事故統計上のお話から始めさせて頂きますと、年間の交通事故死者数のピークは、1970(昭和45)年の1万6765人で、当時は「交通戦争」とまで呼ばれていました。近年では自動車性能の向上や医療技術の進歩、道路交通法の厳罰化などにより減少しており、2020(令和2)年は2839人と戦後最少を更新しています。【交通事故発生件数・死者数の推移】

そういった社会情勢の中、葛尾村では1965(昭和40)年2月に交通死亡事故が発生して以来、55年間で1件しか交通死亡事故が発生していません。その1件とは、トラクターがのり面から逸脱・転落し、地面との間に挟まれて1名が亡くなったそうです。つまり55年間、交通戦争と言われた時代をも含め、自動車や歩行者の交通死亡事故は発生していないとも言えます。

人口1400人程度の小さな村とはいえ、福島市、郡山市、いわき市の各県内3大都市圏まで1時間~1時間30分で行くことができ、国道も縦断する葛尾村でこのような記録が残されているのは、本当に奇跡的ですごいことだと思います。

交通死亡事故ゼロのあゆみ

葛尾村で発生した交通死亡事故と、その間の経過をPDFの年表でご紹介します。このPDFには、各イベントへのリンクもあります。

葛尾村中心部に設置された、交通死亡事故ゼロの記録案内板。(2021年7月1日撮影)

村内の主要交差点・信号

葛尾村は、国道399号線が南北に、県道50号線が東西に縦断し、それらの交点に村の中心部が形成されています。いずれもそれなりに交通量はありますが、村内に信号機は2か所しかありません。そのうち1ヶ所は国道399号線と県道50号線の交点に、もう1ヶ所は国道399号線の葛尾小学校の前にある歩行者用信号となります。ほかに主要な交差点は数ヶ所ありますが、いずれも信号機は設置されていません。

これほど信号機のない村で交通死亡事故が発生していないのは、ひとえに道路を通行するドライバーの安全意識のおかげだと思います。続いている交通死亡事故ゼロの記録を途切らせないためにも、交通ルール遵守の意識を改めて醸成し、未来永劫交通死亡事故が発生しないよう、節に願っています。