葛尾コラム:あぜりあにも七夕飾り

七夕とは、織姫さまと彦星さまが天の川を渡って、1年に1度だけ出会える7月7日の夜のことです。短冊に願い事を書いて、笹に飾り付ける風習があります。

七夕の行事の意味や由来などイロハが分かる記事(じゃらん)

葛尾村復興交流館あぜりあでも近所から1本切らせて頂いた笹に折り紙や短冊を飾り付けて展示しています。7月8日(木)には葛尾幼稚園の園児6人が願い事を書いた短冊を持ってきてくれました。願い事、叶うといいですね。

この七夕飾りは、7月16日(金)をめどに撤去する予定です。

笹の枝に結ばれた短冊。
梅雨明けも待ち遠しいです。