葛尾コラム:郡山女子大とハニービーがコラボしたえごまアイスが旨すぎる!

2021年11月3日に行われた「あぜりあ市」で郡山女子大学の学生たちが販売した「えごまアイス」が、なんと12月20日から葛尾村復興交流館あぜりあのかつらお物産展で販売されることとなりました!

このえごまアイスは、郡山女子大学食物栄養学科の学生と、ジェラート店「ハニービー」を経営するくだもの畑とが連携し、福島県葛尾村で栽培したエゴマを使って開発したものです。福島イノベーション・コースト構想促進事業の一環で、葛尾村は郡山女子大学と2016年12月に包括連携協定を結び、双方にとって長期的で有益な関係を構築していくべく、エゴマの栽培や商品開発に取り組んできました。

このアイスは、バニラベースのジェラートに炒ったエゴマが混ぜ込まれています。炒ることで香ばしくなったエゴマが口の中でプチプチと弾けて、食感にアクセントができます。そして何より旨いんです。さすがのハニービーさんです。濃厚なバニラ風味のジェラートならではの「ねっとり」した口当たりと、エゴマのプチプチ食感が絶妙にマッチしてして旨すぎるんです!

しかもエゴマには、必須脂肪酸のひとつであるα-リノレン酸が60%前後も含まれており、生活習慣病の予防効果があると言われていて、機能性食品としていま非常に注目されています。美味しいアイスを食べながら、α-リノレン酸や食物繊維などの身体によい成分も一緒に摂取できる優れものです。

このえごまアイスは、葛尾村復興交流館あぜりあで1個360円で販売しています。あぜりあから各地への発送も承ります。ぜひ一度ご賞味ください。